杉並区の不動産会社選び応援メディア│すぎらぶ » 不動産の選び方で押さえておきたいポイント

不動産の選び方で押さえておきたいポイント

このページでは、不動産物件を選ぶ際に押さえておきたいポイントについて、紹介しています。ここで紹介する内容を踏まえておくことで、物件選びにおいて有益な判断ができるようになるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

家賃・価格の交渉を不動産会社にしても意味がない

部屋探しをする際、物件は気に入ったけれども家賃や売却価格が想定よりも少し高い…そんな悩みはよくあるものです。そこで、「不動産会社に対して交渉する」という手段を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、それは多くの場合において、大きな勘違いです。なぜなら、不動産業者が扱う物件のほとんどは、土地や物件の持ち主から依頼を受けて取り扱っているものであるからです。

つまり、最終的に値段を決めているのは、その物件の持ち主。不動産業者はあくまでも、取引をする両者の間を仲介する立場でしかありません。不動産業者に対して値下げを迫ったり、駆け引きを打ったりするのは、今後の関係を良好に保っていくことを考えれば、得策ではないでしょう。

近場の不動産会社=良いとは限らない

「REINS(レインズ)」というものをご存じでしょうか。これは「REAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM(不動産流通標準情報システム)」の略称で、不動産業者が情報を共有するためのシステムです。不動産業者は基本的にREINSの情報を元に物件を扱うので、どこの不動産屋でも同じ情報を保有しています。

もちろん、近場の業者であればその物件に対するプラスアルファの独自情報を保有していることもあるのですが、特に売買などの場合は、近場の業者よりも、しっかりとした審査基準や運用方針を持っている、さらには将来的なプランを明確にしてくれる業者に頼んだ方がいい場合もあるのです。

運用を踏まえた売買などの場合は、ご自身のプランに合わせ、近いかどうかだけでなく、総合的に業者を選ぶようにしたほうがよさそうですね。

「早めに申し込まないとなくなります!」はあながち嘘ではない

不動産業者の売り文句として、「今申し込まないと、他の人に申し込まれてしまうかも」というものがあります。不動産の契約を迷っている際、この言葉を言われたことがある方は多いのではないでしょうか。

もちろん、それがセールストークであるケースも多いのですが、不動産は大量生産されている商品と違い、基本的には全く同じ物件というものは存在しません。そのため、目当ての物件を他の人が検討している場合、先に契約を結ばないと、気がついたらもう他の契約先が決まっていた、ということは往々にしてあり得ます。

不動産は「縁」が大事と言われます。自分が求めるタイミングでいい物件が見つかるかどうかは、そのときにならないと分かりません。ですから、もし理想の物件が見つかったということであれば、なるべく早い段階で決断をするべきでしょう。もちろん、事前の検討は十分に行うべきなのは変わらないのですが。

消毒施工料は断れる

賃貸物件の契約の際、「消毒施工料」が請求されていることがあります。文字通り物件の消毒をしてくれるというサービスで、会社によって呼び方はさまざまです。ただ、場合によっては消毒不要、あるいは自分で手配をしたい、という方もいらっしゃるでしょう。不動産業者の請求には業者のマージンが入っているので、自分で業者に頼むよりも割高になります。

この「消毒施工料」は強制ではなく任意となります。これは業者に確認できますので、気になるのであれば一度聞いてみるようにしましょう。その上で、任意だという言質が取れたのであれば、それを名目に見積もりから外してもらうようにしましょう。

なお、「消毒施工」が任意であることは国交省のガイドラインなどにも明記されていますが、もしそれでも業者が食い下がってくるようなら、契約そのものを見直した方がよさそうです。別の名目で料金が計上されたり、今後の契約の中でトラブルになったりすることが考えられるからです。契約はあくまでも、お互いが気持ちよく合意できるようにしたいところですね。

中古物件を探していると新築戸建を薦められやすい

住宅の購入を不動産業者に相談した際、中古ではなく新築を勧められる、というケースがあります。この場合、中古物件と比べて新築物件の方が業者に入る利益が大きい、という理由が考えられます。新築物件の中には、買い手が払う金額だけでなく、売り手側からも手数料が発生することがあり、それが業者にとっては大きいのです。

もちろん、全ての物件に対して売り手が手数料を払うわけではありません。他の中古物件と比べ、明らかにその新築物件のメリットが大きい、ということももちろんあります。

もし、不自然に新築を勧められた場合は、そうした背景が考えられることは頭に入れておいた方がいいでしょう。

新築住宅にも大きなリスクがある

何でも「古い物より新しい物の方がいい」という考え方は確かにあります。ただし、必ずしも新築が絶対にいい、というわけではないことも頭に入れておくべきでしょう。昨今ではリノベーション技術が進み、中古の物件であっても新築同様か、場合によっては新築以上の住み心地を実現してくれているところもたくさんあります。

また、新築マンションの購入の場合、どんな人が入居してくるか、入居しているかは、自分が住んでみないと分からないこともあります。中古物件であれば、事前にどんな住んでいるかをチェックでき、ある程度の判断材料にできます。そうしたリスクも、頭に入れておいた方がいいでしょう。

戸建て住宅と集合住宅は違う

住宅といっても、戸建てや集合住宅などその種類はいろいろあります。戸建て住宅と集合住宅の違いにはどのような点があるかを知っていますか?「なんとなくわかっているけれど細かいことはよくわからない…」という人も多いのではないでしょうか。戸建てには意外と知られていない特徴があったりして、住宅についての知識が深まると楽しいものです。

さらに、これから不動産物件を購入するにあたり、より自分の好みやライフスタイルに合った住宅を購入するには、戸建てと集合住宅の違いをきちんと理解したうえで検討することが望ましいです。本記事では、戸建と集合住宅の違いから、それぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説しています。不動産物件の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

不動産物件にはさまざまな種類がある

これから住宅の購入を検討するにあたり、どんな不動産物件があるかを知っておくことはとても大切です。不動産物件にはいろいろな種類があり、それぞれの特徴によって暮らし方も変わってきます。もちろん必要となる費用も変わってくるので、ぜひきちんと理解しておきましょう。

例えばマンションの場合、物件購入の費用のほかに、ランニングコストとして管理費が必要です。戸建てでは管理費は不要ですが、将来の修繕費を今後に向けて用意する必要があります。不動産物件の種類を理解したうえで物件を購入することで、自分の求める暮らしやライフスタイルに合った生活を送ることが可能です。本記事では、不動産物件の種類について詳しく解説しています。

不動産の相場価格を調査したほうがよい

不動産の価格相場を知ることは、これから不動産物件を売りたいと思っている人、買いたいと思っている人、そして購入後運用したい人など、不動産売買に関わるすべての人にとってとても重要なポイントです。しかし、不動産の価格相場はどうやって知ればいいのか知らないという人も多い様子。インターネットで情報を得ることも可能ですが、そのほかにも不動産の価格相場を知る方法があります。

いろいろな方法で情報を得ることで、それぞれの情報を比較することもできるので、ぜひ覚えておきましょう。本記事では、不動産価格相場を調べる必要性と、インターネットの物件情報以外での価格相場の調べ方について詳しく解説しています。

不動産取引の流れも理解したほうがよい

不動産の購入における、物件探しから購入までの流れにはさまざまなステップがあります。また、購入する方法によっても取引の流れは変わってきますので、不動産を購入するうえで、どんな方法があり、自分にはどの方法が合っているかをまずは理解しておくことがポイントです。そのうえで、それぞれの方法の流れを理解しておくことで、スムーズに引き渡しまでの工程を進めることができます。

本記事では、不動産を購入する方法2パターンと、それぞれの特徴、流れについて詳しく解説しています。不動産物件を購入するのが始めての人に役立つ情報を網羅していますので、ぜひ参考にしてください。

住宅ローンの種類や選び方を検討するとよい

不動産購入にあたり、住宅ローンを利用する人がほとんどではないでしょうか。頭金を入れる人、手数料などすべてを含めて住宅ローンを組む人など、金額はさまざまかと思われますが、住宅ローンを利用するのであれば、ローン商品の種類や特徴はぜひ理解しておくことをおすすめします。商品によって金利の金額が違ってきますし、ローン返済期間に金利が変動するものがあるなど、どの商品を選ぶかは、返済計画に大きく関係してくるからです。

さらに、それぞれの商品はライフスタイルによっても適正が変わってきます。独身の人、子どもがいない共働き夫婦、子どもがいる家庭など、それぞれに適した商品がありますので、内容を把握しておけば返済計画が立てやすいです。本記事では、住宅ローンの種類やそれぞれの特徴について詳しく解説しています。

不動産の立地を検討する

不動産物件を購入する際に、「立地のよい物件を選ぶとよい」という話をよく耳にします。多額の費用をかけて不動産を購入するのですから、ぜひとも好立地の物件を購入したいと思いますよね。しかし、一言で立地のよい物件といっても、立地にはさまざまな条件があり、すべてを把握していないという人も少なくありません。

しかし、物件を選ぶ際に立地のチェックは欠かせないもの。立地の良し悪しについては、しっかり理解しておく必要があります。本記事では、そもそも好立地とはどのような条件を満たしていることを指すのか?というところから、物件を選ぶ上でおさえておきたいポイントや、避けたほうがよい物件などについて詳しく解説しています。

中古不動産の築年数を検討したほうがよい

中古の不動産物件には新築のほかに築浅物件と築古物件があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。購入者によって、物件の特徴がメリットと感じるか、デメリットと感じるかは異なってきますので、各自が状況に応じて検討するのが基本です。購入時には特徴やメリット・デメリットを理解した上で、自分の予算や好みに応じた物件を選ぶことがマストです。

また、築年数に応じて住宅ローン控除が受けられる物件とそうでない物件に分かれるため、この点もきちんとチェックしなければなりません。こちらでは、築浅物件と築古物件の特徴と、メリット・デメリットについて解説しています。今後中古物件を購入する予定がある人は、ぜひ参考にしてください。

購入するマンションの管理体制を確認する

マンションを購入する際は、どのような管理体制を採用しているかを確認した上で検討することが大切です。マンションを常に衛生的に保ってくれているか、トラブルや事件が発生した際に迅速な対応をしてくれるかなどは、管理体制に左右される部分が大きいからです。管理体制にはいくつかの種類があり、その体制によって対応が変わってきます。管理人が常駐しているマンションや、警備会社がオンラインでセキュリティ管理している物件も。

本記事では、マンションの管理形態の種類や、管理費の相場について解説するとともに、管理費がどのようなことに使われているのか、内訳についても詳しく解説しています。マンションの管理費に疑問を持っている人、管理費についてより深く理解したい人は、ぜひ参考にしてください。

不動産の間取りを検討するとよい

不動産物件を購入する際には、必ず間取りをチェックすると思います。実際に内見をする前にまず間取り図を見て、よさそうだなと思ったら実際に内見に足を運ぶ人がほとんどです。居住する人数によって適した間取りがあるので、間取り図を見る際には、その物件に居住する人数やライフスタイルをリストアップしたうえで、間取りが見合っているかを確認することが大切です。

また、間取り図は必ずしも実際の間取りに忠実だとは限らないので、間取り図を見るうえで覚えて起きたいチェックポイントがあります。こちらでは、DKやLDKなど、間取り図を見るうえで知っておきたい間取りの種類を解説するとともに、間取り図を見る上で覚えておきたいポイントについてご紹介しています。

不動産の耐震性をチェックする

不動産物件を購入する際に、耐震について確認することは非常に重要です。新耐震基準に対応しているかどうかで、住宅ローン控除が受けられるかどうかが変わってきますし、今後起こるといわれている大地震でも家屋の倒壊が防げるかどうかは、命にも関わります。日頃建物の耐震基準や耐震構造について意識することはあまりないと思われますが、物件を購入するうえで耐震性を把握しておくことで、より安心して暮らせる物件を購入できます。

こちらでは、不動産を購入するうえで知っておきたい耐震基準や、建物を建築する際に導入されている耐震構造などについて詳しく解説しています。不動産物件の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

戸建て住宅の種類

戸建て住宅には、建売住宅と売建住宅、注文住宅の3つがあります。よく似た言葉もあるので混同しがちですが明確に異なるものなので、戸建て住宅を検討しているならば違いをよく理解しておく必要があります。

なるべく費用を安く抑えて戸建てを購入したいのであれば、土地や間取り、設備などがある程度決まっている建売住宅や売建住宅が向いています。逆に費用がかかっても設計や性能を自由に決めたいのであれば、土地選びから設計まで自分の意見が反映できる注文住宅がおすすめです。大切なのは、予算や希望に応じた戸建て住宅を選択するということです。

こちらでは、戸建て住宅の種類ごとの特徴とそのメリットやデメリットについて解説しています。

テラスハウスと戸建て・マンションの違い

住宅の購入を検討する際に、選択肢の一つとなるのがテラスハウスです。テラスハウスとは、戸建て住宅の一種で長屋形式の住宅です。基本的に二階建てで隣家と壁を共有する形の住宅です。近年では、見た目がおしゃれなテラスハウスが見られます。

テラスハウスと戸建て住宅との違いは、購入費用や維持管理費が比較的安く抑えられる点です。ただし、戸建てといっても集合住宅に近い生活形態のため、騒音などプライバシーへの配慮が必要です。また、テラスハウスとマンションとの違いは、共有スペースの有無にあります。

テラスハウスの購入を検討するならば、その特徴をよく理解しておく必要があります。 こちらでは、テラスハウスの特徴と戸建てやマンションとの違いやメリット、デメリットなどについて解説しています。

賃貸物件を購入できる?

住んでいる賃貸物件が気に入れば、所有者から購入することができます。所有者から購入するためには、購入の意思があることを所有者に伝えることから始めます。所有者の合意が得られれば、実際に売買契約の話になります。ただし、賃貸専用物件では購入が難しい場合もあるので注意が必要です。

賃貸物件を購入する際には、価格や敷金、先払い家賃の処理などのトラブルが起こることも考えられます。特に価格は、所有者と買主との間で決まるため、相場と離れたものになる可能性があります。また、売買契約や書類の作成などは素人には難しいこともあります。

こうしたトラブル回避のためには、第三者に頼ることも重要です。こちらでは、賃貸物件を購入する際の流れや注意点について解説しています。

購入する不動産の住宅性能評価書

不動産を購入する際に検討しておきたいのが「住宅性能評価書」の取得です。不動産の性能は目に見えにくいものですが、第三者機関が基準に沿った評価をすることで住宅の性能を等級や数値で明確に表します。その結果を記載したのが住宅性能評価書です。

住宅性能評価書の交付には、施主や建築会社などが申請を行います。そして、設計時と建築時、完成時に評価が行われ、設計書通りに性能が反映されているかのチェックをします。

住宅性能評価書が交付されると、住宅の性能が証明されるだけでなく、住宅ローンなどの費用面や建築後にトラブルがあった場合の対応などについて、さまざまなメリットがあります。

こちらでは、住宅を購入する際に知っておきたい住宅性能評価書の基本的な知識について解説しています。

不動産売買契約書のチェックポイント

不動産を売買する際に必ず交わすことになるのが、契約者です。契約書は、取り決めた内容などが記載されているものであり、口約束などで行うとトラブルになってしまうようなことが文章でまとめられています。

不動産売買契約書を受け取ったら、ローン解除特約がついているか、土地面積の実測結果が登記記録と異なった場合の対応がどのように規定されているか確認しましょう。ほかにも、瑕疵担保責任に関することや期限に関すること、細かい部分まで確認しておかなければならないポイントがたくさんあります。

不動産売買契約書に問題がなければ署名、押印して成立することになるので、細部までしっかり読み込み、気になることがあれば押印前に確認が必要です。

不動産購入にかかる税金

不動産を購入する際、不動産の代金だけではなく、税金に関することまでよく確認しておきましょう。不動産を購入するにあたりかかる税金には、さまざまな種類があります。

まず、不動産の購入や取得に際して発生する不動産取得税です。他にも、各種契約書を交わす際にかかる税金である印紙税も支払わなければなりません。 不動産の購入、建物の建築を登記することになるので、登録免許税もかかります。それから、消費税です。普段の生活の中で支払うことが多い消費税ですが、不動産の購入を行う際にも消費税がかかります。

不動産の費用ばかりを考えてしまい、その他税金が頭から抜け落ちてしまうと予定していた以上の大きな出費になってしまうので、注意が必要です。

不動産の仲介手数料

不動産を売買する際は、個人で売買するのではなく、仲介業者を挟むのが一般的です。ただ、仲介業者に間に入ってもらう場合、仲介手数料を支払わなければなりません。

仲介手数料は、不動産会社に対して支払う成功報酬のことであり、金額は売買する不動産の額によって変わることになります。

下限については不動産会社が自由に設定できるので、言ってしまえば0円でも問題はありません。ですが、上限となる金額については法律で定められており、不動産会社がその金額を超えて請求した場合、違法となります。具体的にどの程度の仲介手数料になりそうかについては、事前に確認しておいた方が良いでしょう。高額になりやすいので、正しく把握しておく必要があります。

不動産売買契約のクーリングオフ

不動産の売買を決めて契約したものの、何らかの理由によって取り消しを検討しているようなケースもあるでしょう。契約をなかったことにしたいと考えた際、活用したいのがクーリングオフです。

クーリングオフは、不動産売買契約においても対象となります。ただし、売主が宅地建物取引業者であることや、事務所等以外の場所で購入の申し込み・契約を凍結した、告知から8日間を経過していない、代金の支払いや引き渡しがされていないなど、いくつか条件が定められています。

これらの条件を満たしている場合は、期間内に内容証明郵便でクーリングオフを申し出ましょう。期限はクーリングオフの告知がされた日から数えて8日間なので、注意する必要があります。

住宅購入に対する補助金

住宅を購入する際には、補助金を活用してみるのがおすすめです。補助金は返済する義務はないものなので、利用できるものについては積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

住宅購入に対する補助金として、例えば中古住宅では、すまい給付金や自治体が用意している補助金を利用可能です。また、新築の建売住宅を購入する場合も、すまい給付金、自治体の補助金に加え、地域型住宅グリーン化事業、こどもみらい住宅支援事業、ZEH補助金などが選択肢に挙がります。

自分の場合はどの補助金を申請できるのかについては、事前に条件を満たしているか確認してみるのがおすすめです。補助金を申請する際は、条件や申請期限、後払いとなる点などについて注意しておきましょう。

住宅購入に対する減税・控除

住宅を購入した場合、減税、控除といったものの対象になります。減税とは税金が減ること、控除とは差し引くことを意味しています。

どちらも税金の負担を抑えるのに役立つ方法です。住宅購入に関する減税・控除としては、住宅ローン控除が挙げられます。住宅ローン減税制度のことであり、毎年の住宅ローン残高のうち、1%にあたる金額が13年間にわたって控除されることになります。

それから、贈与税非課税措置もあります。新築住宅の購入や住宅の増改築を行う際に直系の尊属から資金を受け取った場合、一定額まで贈与税が非課税になる制度です。

これらの減税、控除などをうまく活用し、住宅取得に関する費用をできる限り抑えてみてはいかがでしょうか。

住宅購入のタイミング

住宅を購入するタイミングをいつにしようか悩んでいるのであれば、一般的なタイミングから確認しておくのがおすすめです。

多くの方が住宅購入を決断するタイミングとして、結婚をしてパートナーと新しい生活をスタートさせたときや、出産して家族が増えたときなどが挙げられます。他にも、子どもが進学して学校の近くに引っ越したいと考えた時や、子どもが独立して夫婦2人での生活になった時などが代表的です。

住宅ローンの金利の推移などを参考に、自分にとっての購入タイミングを見極めることが重要です。

住宅購入前の相談

住宅は大きな買い物ということもあり、安心、納得して購入を検討する必要があります。購入にあたり何かわからないことなどがあれば、事前に専門家に相談して問題を解決しておきましょう。

住宅購入に関する相談先として代表的なのは、不動産会社、ファイナンシャルプランナー、住宅購入相談サービスなどです。基本的に不動産会社や住宅購入相談サービスは無料で利用できるケースが多いのですが、ファイナンシャルプランナーは有料となります。

まずは無料で相談できることが多い住宅の専門家である不動産会社から相談してみてはいかがでしょうか。相談に行く前に予算や立地についてよく検討しておくのがおすすめです。質問に行く際はメモの準備をし、疑問を解消してきましょう。

住宅選びの優先順位

住宅購入時の物件探しでは、どのような条件を優先しますか?価格や間取り、立地など、住宅選びにはさまざまな要素が絡み合います。けれど、理想にぴったりの物件を探すのはなかなか難しいもの。であれば、住宅選びの要件に優先順位をつけることで、迷いが少し緩和されるのではないでしょうか。

住宅選びの優先順位は、その人によって変わってきます。ある人が価格を優先したとしても、自分は間取りを優先したいと思うかもしれません。逆に、妥協したことで結果満足のいく物件に出会えることも。本記事では、住宅えらびの優先順位について詳しく解説しています。これだと納得して物件を購入するために、ぜひ本記事の内容を参考に物件探しに励みましょう。

長期優良住宅の認定条件

長期優良住宅の認定条件は9項目設定されています。「劣化対策」「維持管理・更新の容易性」「維持保全計画」「耐震性」「省エネルギー対策」「居住環境への配慮」「住戸面積」「可変性」「高齢者等対策」の9項目です。これらの認定条件を満たすことで、税金面でいろいろな優遇措置を受けることができます。

これらの認定条件を満たす住宅を建築するにはそれなりの費用がかかりますが、税金面の優遇措置が受けられることはもちろん、実際に生活するうえで快適な住宅を建てることができるので、意欲的に建築する人が少なくありません。本記事ではこれから住宅の建築を検討している人に向けて、長期優良住宅の認定条件について詳しく解説しています。

住宅購入後の確定申告

住宅を購入後に税金の減税や控除を受ける場合は、確定申告を行わなければなりません。確定申告は会社員の場合行わない人が多いので、住宅購入後に初めて確定申告をするという人も多いでしょう。確定申告を行うには、必要な書類を準備して、管轄の税務署に確定申告を持参または郵送します。確定申告はインターネットからの申請も可能です。必要な書類はたくさんありますので、必ずきちんと確認したうえで添付漏れがないようにしましょう。

必要な書類は、受ける減税措置や控除内容によって変わってきますので注意が必要です。本記事では、確定申告に必要な書類や、確定申告の流れ、住宅購入後に確定申告を行ううえでの注意点などについてまとめています。

住宅購入の頭金

住宅を購入時の頭金をどのくらい用意すればいいか悩む人は多いと思います。頭金は多ければ多いほどよいというイメージがあるかもしれませんが、実は多ければよいというわけでもないようです。また、実際に頭金を用意して物件を購入した人たちは、物件のタイプによって用意した頭金の金額にかなり開きがある様子。

例えば新築の注文住宅の場合はまとまった頭金を用意した人が多く、中古マンションや中古戸建の場合は注文住宅よりも頭金が少ない、という具合です。逆に、頭金を用意しないで住宅を購入している人もいますが、この際には気をつけたい注意点があります。

本記事では、これから住宅購入を検討している人に向けて、住宅購入時の頭金について詳しく解説しています。

住宅購入を決断できない原因と対処方法

住宅購入は大きな買い物のため、購入を決断できないケースがみられます。住宅の購入においては資金計画やメンテナンスの問題なども重要な要素ですが、事前にしっかりと資金のめどを立てたうえで、長期的な暮らしに向けてプランニングをすることが大切です。

購入にかかる費用のほかに、希望条件もしっかりと整理することも一歩前に踏み出すためのポイントです。希望条件が増えるほど悩んでしまい、住まいの購入に時間や費用がかかってしまうため、優先順位をつけたうえで希望条件を整理しましょう。本記事では、住宅購入を決断できない理由とその対処方法について解説しています。

住宅の省エネ性能

住宅の省エネ性能とは、住まいにおける消費エネルギーの省エネ能力を示したものです。省エネ性能をもつ住宅の冷暖房などのエネルギー消費量を計算し、標準的な設備の住まいのエネルギー消費量と比較して、どの程度省力ができているかを調べます。

中古住宅でも省エネ性能を計算することが可能ですが、築年数に応じて適用されている省エネ基準が異なることに注意が必要です。省エネ基準は1980年から現在まで数回変更されており、築年数と工法、断熱材の有無や省エネに関わる水道・光熱設備をチェックしましょう。本記事では、住宅の省エネ性能についての概要や中古住宅の省エネ性能を確認するためのポイントなどについて詳しく解説しています。

住宅購入前の内覧の必要性と注意点

建物の雰囲気や実際の広さをチェックできる「内覧」は、住宅購入前に忘れずに行っておきたいポイントのひとつです。内覧では住まいのデザインや間取り、空間の位置関係が確認できるほか、水周りやキッチンに使用されている設備のメリット、メーカーごとに異なる壁紙などの素材の特徴を比較することもできます。

内覧は直接現地でスタッフとやり取りが行えるため、対応力や顧客への姿勢を確認する機会でもあります。購入したい住宅が見つかったときは、内装や外装、室内の設備機器のほかに省エネ性能や住みやすさへの工夫なども確認するようにしましょう。

本記事では、住宅購入前の内覧の必要性と注意点について紹介しています。

住宅の断熱性能等級

住宅の断熱性能等級とは、第三者機関が公正な立場から評価を行った断熱性能を、7段階のランクに沿って表すものです。等級1が低い等級で、等級7が高いランクとなっています。

第三者機関が性能を記載する「住宅性能評価書」には、断熱性能以外にもバリアフリー性能や耐震性能など複数の項目が盛り込まれています。それらを総合して住まいの品質や価格が決められ、等級が高くなるほど性能も上がり、住みやすさに繋がります。

断熱性能等級は国土交通省が品確法と呼ばれる法律によって定めており、高い性能を示す上位の等級として等級6,7が新設されました。

本記事では、住宅の断熱性能等級についての概要や確認方法について紹介しています。

住宅を購入する年齢

住宅を購入する際に年齢を考える方は少なくありませんが、国土交通省の調査によると、分譲住宅購入者の平均年齢は38.4歳※とのことです。

しかしその他の年齢で住宅を購入する方もいます。20代・30代・40代とそれぞれの年代で住宅を購入すると、それぞれについてメリット・デメリットがあるのも事実です。たとえば20代ではローンの返済年数にゆとりがありますが給与が低い傾向で、30代では資金にゆとりがある方が増えると考えられます。40代では返済年数はさらに短くなります。

本記事では住宅を購入する年齢についての解説と、年代ごとの住宅購入におけるメリット・デメリットを紹介しています。

中古住宅をリフォームするメリット・デメリット

中古住宅を購入してリフォームすれば、新築住宅を購入するのに比べてコストが抑えられる可能性が高まります。またリフォームをすれば自分好みの住宅にすることもでき、設備も好みのものを導入できるようになります。

しかし中古住宅のリフォームにはデメリットもあることを忘れないでください。構造部分まで劣化している場合は、大規模な修繕リフォームが必要となり、予想以上にコストがかかったり、完成までの期間が延びたりする恐れもあります。

本記事では中古住宅をリフォームすることのメリットとデメリットについて解説していきます。

戸建て住宅の修繕費

戸建て住宅を購入したら、修繕費を準備しておくことが大切です。外壁や屋根、トイレや給湯器などの水回りの設備類は、使っていくうちに少しずつ劣化していきます。劣化して不具合や故障などが見られるようになったら、修繕したり、交換したりしなければならないためです。

必要となる修繕費の目安は場所により異なります。外壁塗装であれば数十万もの高額な費用が必要となりますが、トイレの詰まり解消くらいであれば1万円程度で解決できることも少なくありません。しかし費用の準備が必要であることに変わりはありません。

本記事では戸建住宅で必要となる修繕費について、設備・箇所ごとに金額の目安も含めて解説します。

分譲マンションの管理費と修繕積立金

分譲マンションに住むために支払わなければならないのが、管理費と修繕積立金です。管理費は廊下や設備などの共用部分の維持・管理や管理人の人件費のために使われる費用で、修繕積立金は物件自体を維持するためにマンションの大規模修繕に使われます。

分譲マンションの購入を検討されている方であれば、管理費や修繕積立金の金額を気にされていることもあるのではないでしょうか。毎月支払うものなので、負担の大きさが気になるはずです。

本記事では分譲マンションでかかる管理費と修繕積立金について、平均金額と内訳について解説します。

新築住宅の瑕疵担保責任

新築住宅を購入すると、「瑕疵担保責任」がついてきます。瑕疵担保責任とは買い主が持つ損害賠償請求権のことで、購入した住宅に傷や欠陥が見つかった場合に効力を発揮するものです。

しかし瑕疵担保責任は民法・宅地建物取引業法・品確法の3つの法律により、それぞれ保証される期間が異なります。民法では最長10年間とされますが、品確法では20年に及ぶこともあり、法律により保証される内容も変わるので注意が必要です。

本記事では新築住宅購入における瑕疵担保責任の概要や保証範囲・保証期間、瑕疵担保責任保険と呼ばれる制度について知っておきたい基礎知識を解説します。

新築住宅のアフターサービス

新築住宅には瑕疵担保責任のほかに、メーカーによるアフターサービスがつくことも珍しくありません。アフターサービスは基礎部分と内挿部分の両方を保証対象とすることが多いですが、メーカーによりサービス内容が違うため、新築住宅購入の際には、後のことを考えてアフターサービスが充実しているメーカーを選ぶことが大切です。

アフターサービスが手厚いメーカーであれば、新築住宅の設備関連でも10年ほどの保証をつけてもらえることもあります。本記事では新築住宅におけるメーカーごとのアフターサービスについて解説するので、住宅購入の前にぜひチェックしておいてください。

モデルハウスを購入するメリット・デメリット

モデルハウスはすでに建てられた住宅を見学した上で購入を検討できるため、すぐに住み始めることができたり、イメージ通りの家を購入できたりすることがメリットと言えます。グレードの高い設備が備えられているのに、価格が安い傾向であることも大きなメリットです。

しかしモデルハウス購入にはメリットばかりではなくデメリットもあります。モデルハウスは中古物件となることが多く、展示期間中に内装・設備などに傷がつくリスクも否定できません。

モデルハウスの購入を検討されている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

不動産取引のトラブル

不動産取引では契約書やローン、手数料などについてトラブルが起こりがちです。

たとえばローン特約がついていない契約でローンの診査に通らず、手付金を放棄しなければならないという事も起こりえます。また契約にない手数料を請求されたり、新築住宅購入にもかかわらず仲介手数料を請求されたりなどのトラブル例もあります。

不動産取引は金額が大きいので、ひとつのトラブルで大きな損害をこうむる可能性もあります。住宅の購入を検討されている方に向けて、本記事では不動産取引における3つのトラブルについてご紹介しますので、契約前にぜひチェックしてください。

住宅用の土地探しと選び方

住宅用の土地を探す方法としては、不動産会社やハウスメーカーに依頼する方法のほか、インターネットを使った方法、自分自身で歩いて探す方法などがあります。実際にそこで暮らし始めたあとのことまで考えなければならないため、土地だけではなく、その他周辺環境なども含めて検討しなければなりません。

また、土地の選び方としては、道路との関係や日当たりのほか、水道管・ガス管の有無などについても確認しておくことが重要です。水道管・ガス管が引き込まれていない場合、追加費用を支払って、配管工事を行わなければなりません。
本記事では住宅用の土地探しに悩んでいる方のため、探し方のポイントや、何に注目して選べば良いのかなどについて解説します。

狭小住宅とは?メリット・デメリットをチェック

坪数にそれほどこだわらないのであれば、狭小住宅も選択肢に挙がります。狭小住宅とは、一般的な住宅と比べて狭い土地に建てられている住宅のことで、坪数の目安は20坪以下です。周囲に建物や住宅が建ち並んでいて十分なスペースが確保できないような都市部には、狭小住宅が多く建てられています。

狭小住宅の代表的なメリットは、コストを抑えられることや、デザイン性が高いものが多い、掃除しやすいなどです。ただ、必ずしもコストを抑えられるわけではないことや、近隣住宅との距離が近くて生活音が聞こえることがあるなどのデメリットがあります。本記事では狭小住宅の購入に興味がある方のため、おさえておきたいメリットとデメリットの詳細について解説します。

欠陥住宅の見分け方

欠陥住宅とは、家の安全性や快適性において、何らかの問題がある住宅のことです。施工ミスや施工不良などによって発生するケースが多いため、安全性が低くなってしまう恐れがあります。住宅を購入するにあたり、できるだけ欠陥住宅は避けたいところではありますが、柱や梁、壁、床などのほか、基礎や土台など見えない部分に問題が発生しているケースも多くいです。そのため、見極めるのは非常に難しいといえるでしょう。

欠陥住宅でよくあるトラブルの事例としては、住宅が少しずつ傾いてしまった、外壁や基礎などにひび割れが生じた、雨漏りが発生したなどが挙げられます。そこで、本記事では欠陥住宅を見極める方法を知りたい方のため、見分け方のポイントについて紹介します。

住宅デザインのトレンド

建築の分野では続々と新しい工法やデザインなどが登場しており、トレンドも移り変わっています。購入する住宅についてまだ具体的なイメージが湧いていないのであれば、住宅デザインのトレンドを確認してみてはいかがでしょうか。トレンドの住宅は、多くの方から人気があったり、評価されている住宅ともいえます。

近年人気なのは、自然素材を使った住宅です。ナチュラルなものを好む方が増えているようで、デザインでも自然と調和するものがトレンドの傾向があります。また、性能にこだわり、省エネ性能が高い家やIoT住宅などもトレンドとなっています。本記事では近年多くの方から選ばれているのはどのような住宅なのかを知りたい方のため、トレンド情報を紹介します。

建売住宅の防災性能

地震や台風など、大規模な災害はいつ発生するかわかりません。そこで、建売住宅を購入するにあたり、防災性能がどの程度あるかについて確認しておきましょう。防災性能を確認するうえでチェックしたいポイントとして、耐震ダンパーや屋根、窓ガラス、気密性、収納、発電・蓄電、雨水タンクなどが挙げられます。

なかなか多くの防災性能を備えた建売住宅を見つけるのが難しいケースもありますが、そういった場合は購入してからの防災リフォームについても検討してみてはいかがでしょうか。あとからリフォームで追加できるような防災対策も多々あります。安心して住める建売住宅の購入を検討したいと考えている方のため、防災についておさえておきたいポイントを解説します。

住宅購入前の自然災害リスクの調査

いつ発生するかわからない自然災害のことを考えると、できるだけ災害リスクが少ない住宅を購入することが重要です。新たに住宅購入を検討しているのであれば、購入予定の建物はどの程度自然災害リスクがあるのか確認しておきましょう。例えば、ハザードマップを確認することによってその土地の災害リスクが判断できます。

また、洪水や津波などの災害リスクを抑えるためには海抜の確認も必要です。 ただ、土地の条件が良ければ、それだけで災害リスクがなくなるとは言い切れません。建物自体の強さも重要になるので、住宅の耐震基準の確認も求められます。自然災害リスクを調査する方法と、住宅の自然災害対策としてはどのような方法が効果的なのかについて解説します。

ZEHとは?ZEH建売住宅のメリット・デメリット

エネルギー効率の良い建売住宅を購入したいと考えている方に選ばれているのが、ZEH住宅です。ZEHとは、省エネ性能の高い家であり、一年間で消費されるエネルギー量がゼロ以下になる家のことをいいます。断熱性能に優れていることに加え、太陽光発電などの設備を導入することによりエネルギーを創り出しながらエネルギー消費量を抑えられるのが魅力です。

注文住宅でZEH化しようと考えるとZEHビルダー・プランナー探しから始めなければなりませんが、建売であれば初めからZEH基準を満たした住宅を選べます。ZEHの建売住宅を購入したいと考えている方のために、ZEH住宅の特徴や、ZEHの建売住宅を購入するメリット・デメリット、選び方のポイントなどを解説します。

不動産取引の資金計画

不動産取引を行う際は、事前に十分な資金計画を立てておくことが欠かせません。将来的にローンの返済によって家計が圧迫されてしまったといった問題を抱える方もいますが、これは資金計画が不十分だったことが大きな原因です。ローンの返済は何十年も続いていくものなので、将来的に生活が変わったり、収入が減ったりする可能性についても考えておく必要があります。

月々の返済額はもちろんのこと、選択する金利タイプ、返済期間、頭金の額などについても十分考慮しておきましょう。これから不動産取引をする予定がある方のため、資金計画のポイントについて解説します。金利タイプごとの特徴やローンの返済を考えるにあたり頭に入れておきたいことなど参考にしてください。

このページでは、不動産物件を選ぶ際に押さえておきたいポイントについて、紹介しています。ここで紹介する内容を踏まえておくことで、物件選びにおいて有益な判断ができるようになるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

家賃・価格の交渉を不動産会社にしても意味がない

部屋探しをする際、物件は気に入ったけれども家賃や売却価格が想定よりも少し高い…そんな悩みはよくあるものです。そこで、「不動産会社に対して交渉する」という手段を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、それは多くの場合において、大きな勘違いです。なぜなら、不動産業者が扱う物件のほとんどは、土地や物件の持ち主から依頼を受けて取り扱っているものであるからです。

つまり、最終的に値段を決めているのは、その物件の持ち主。不動産業者はあくまでも、取引をする両者の間を仲介する立場でしかありません。不動産業者に対して値下げを迫ったり、駆け引きを打ったりするのは、今後の関係を良好に保っていくことを考えれば、得策ではないでしょう。

近場の不動産会社=良いとは限らない

「REINS(レインズ)」というものをご存じでしょうか。これは「REAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM(不動産流通標準情報システム)」の略称で、不動産業者が情報を共有するためのシステムです。不動産業者は基本的にREINSの情報を元に物件を扱うので、どこの不動産屋でも同じ情報を保有しています。

もちろん、近場の業者であればその物件に対するプラスアルファの独自情報を保有していることもあるのですが、特に売買などの場合は、近場の業者よりも、しっかりとした審査基準や運用方針を持っている、さらには将来的なプランを明確にしてくれる業者に頼んだ方がいい場合もあるのです。

運用を踏まえた売買などの場合は、ご自身のプランに合わせ、近いかどうかだけでなく、総合的に業者を選ぶようにしたほうがよさそうですね。

「早めに申し込まないとなくなります!」はあながち嘘ではない

不動産業者の売り文句として、「今申し込まないと、他の人に申し込まれてしまうかも」というものがあります。不動産の契約を迷っている際、この言葉を言われたことがある方は多いのではないでしょうか。

もちろん、それがセールストークであるケースも多いのですが、不動産は大量生産されている商品と違い、基本的には全く同じ物件というものは存在しません。そのため、目当ての物件を他の人が検討している場合、先に契約を結ばないと、気がついたらもう他の契約先が決まっていた、ということは往々にしてあり得ます。

不動産は「縁」が大事と言われます。自分が求めるタイミングでいい物件が見つかるかどうかは、そのときにならないと分かりません。ですから、もし理想の物件が見つかったということであれば、なるべく早い段階で決断をするべきでしょう。もちろん、事前の検討は十分に行うべきなのは変わらないのですが。

消毒施工料は断れる

賃貸物件の契約の際、「消毒施工料」が請求されていることがあります。文字通り物件の消毒をしてくれるというサービスで、会社によって呼び方はさまざまです。ただ、場合によっては消毒不要、あるいは自分で手配をしたい、という方もいらっしゃるでしょう。不動産業者の請求には業者のマージンが入っているので、自分で業者に頼むよりも割高になります。

この「消毒施工料」は強制ではなく任意となります。これは業者に確認できますので、気になるのであれば一度聞いてみるようにしましょう。その上で、任意だという言質が取れたのであれば、それを名目に見積もりから外してもらうようにしましょう。

なお、「消毒施工」が任意であることは国交省のガイドラインなどにも明記されていますが、もしそれでも業者が食い下がってくるようなら、契約そのものを見直した方がよさそうです。別の名目で料金が計上されたり、今後の契約の中でトラブルになったりすることが考えられるからです。契約はあくまでも、お互いが気持ちよく合意できるようにしたいところですね。

中古物件を探していると新築戸建を薦められやすい

住宅の購入を不動産業者に相談した際、中古ではなく新築を勧められる、というケースがあります。この場合、中古物件と比べて新築物件の方が業者に入る利益が大きい、という理由が考えられます。新築物件の中には、買い手が払う金額だけでなく、売り手側からも手数料が発生することがあり、それが業者にとっては大きいのです。

もちろん、全ての物件に対して売り手が手数料を払うわけではありません。他の中古物件と比べ、明らかにその新築物件のメリットが大きい、ということももちろんあります。

もし、不自然に新築を勧められた場合は、そうした背景が考えられることは頭に入れておいた方がいいでしょう。

新築住宅にも大きなリスクがある

何でも「古い物より新しい物の方がいい」という考え方は確かにあります。ただし、必ずしも新築が絶対にいい、というわけではないことも頭に入れておくべきでしょう。昨今ではリノベーション技術が進み、中古の物件であっても新築同様か、場合によっては新築以上の住み心地を実現してくれているところもたくさんあります。

また、新築マンションの購入の場合、どんな人が入居してくるか、入居しているかは、自分が住んでみないと分からないこともあります。中古物件であれば、事前にどんな住んでいるかをチェックでき、ある程度の判断材料にできます。そうしたリスクも、頭に入れておいた方がいいでしょう。

戸建て住宅と集合住宅は違う

住宅といっても、戸建てや集合住宅などその種類はいろいろあります。戸建て住宅と集合住宅の違いにはどのような点があるかを知っていますか?「なんとなくわかっているけれど細かいことはよくわからない…」という人も多いのではないでしょうか。戸建てには意外と知られていない特徴があったりして、住宅についての知識が深まると楽しいものです。

さらに、これから不動産物件を購入するにあたり、より自分の好みやライフスタイルに合った住宅を購入するには、戸建てと集合住宅の違いをきちんと理解したうえで検討することが望ましいです。本記事では、戸建と集合住宅の違いから、それぞれのメリットとデメリットについて詳しく解説しています。不動産物件の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

不動産物件にはさまざまな種類がある

これから住宅の購入を検討するにあたり、どんな不動産物件があるかを知っておくことはとても大切です。不動産物件にはいろいろな種類があり、それぞれの特徴によって暮らし方も変わってきます。もちろん必要となる費用も変わってくるので、ぜひきちんと理解しておきましょう。

例えばマンションの場合、物件購入の費用のほかに、ランニングコストとして管理費が必要です。戸建てでは管理費は不要ですが、将来の修繕費を今後に向けて用意する必要があります。不動産物件の種類を理解したうえで物件を購入することで、自分の求める暮らしやライフスタイルに合った生活を送ることが可能です。本記事では、不動産物件の種類について詳しく解説しています。

不動産の相場価格を調査したほうがよい

不動産の価格相場を知ることは、これから不動産物件を売りたいと思っている人、買いたいと思っている人、そして購入後運用したい人など、不動産売買に関わるすべての人にとってとても重要なポイントです。しかし、不動産の価格相場はどうやって知ればいいのか知らないという人も多い様子。インターネットで情報を得ることも可能ですが、そのほかにも不動産の価格相場を知る方法があります。

いろいろな方法で情報を得ることで、それぞれの情報を比較することもできるので、ぜひ覚えておきましょう。本記事では、不動産価格相場を調べる必要性と、インターネットの物件情報以外での価格相場の調べ方について詳しく解説しています。

不動産取引の流れも理解したほうがよい

不動産の購入における、物件探しから購入までの流れにはさまざまなステップがあります。また、購入する方法によっても取引の流れは変わってきますので、不動産を購入するうえで、どんな方法があり、自分にはどの方法が合っているかをまずは理解しておくことがポイントです。そのうえで、それぞれの方法の流れを理解しておくことで、スムーズに引き渡しまでの工程を進めることができます。

本記事では、不動産を購入する方法2パターンと、それぞれの特徴、流れについて詳しく解説しています。不動産物件を購入するのが始めての人に役立つ情報を網羅していますので、ぜひ参考にしてください。

住宅ローンの種類や選び方を検討するとよい

不動産購入にあたり、住宅ローンを利用する人がほとんどではないでしょうか。頭金を入れる人、手数料などすべてを含めて住宅ローンを組む人など、金額はさまざまかと思われますが、住宅ローンを利用するのであれば、ローン商品の種類や特徴はぜひ理解しておくことをおすすめします。商品によって金利の金額が違ってきますし、ローン返済期間に金利が変動するものがあるなど、どの商品を選ぶかは、返済計画に大きく関係してくるからです。

さらに、それぞれの商品はライフスタイルによっても適正が変わってきます。独身の人、子どもがいない共働き夫婦、子どもがいる家庭など、それぞれに適した商品がありますので、内容を把握しておけば返済計画が立てやすいです。本記事では、住宅ローンの種類やそれぞれの特徴について詳しく解説しています。

不動産の立地を検討する

不動産物件を購入する際に、「立地のよい物件を選ぶとよい」という話をよく耳にします。多額の費用をかけて不動産を購入するのですから、ぜひとも好立地の物件を購入したいと思いますよね。しかし、一言で立地のよい物件といっても、立地にはさまざまな条件があり、すべてを把握していないという人も少なくありません。

しかし、物件を選ぶ際に立地のチェックは欠かせないもの。立地の良し悪しについては、しっかり理解しておく必要があります。本記事では、そもそも好立地とはどのような条件を満たしていることを指すのか?というところから、物件を選ぶ上でおさえておきたいポイントや、避けたほうがよい物件などについて詳しく解説しています。

中古不動産の築年数を検討したほうがよい

中古の不動産物件には新築のほかに築浅物件と築古物件があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。購入者によって、物件の特徴がメリットと感じるか、デメリットと感じるかは異なってきますので、各自が状況に応じて検討するのが基本です。購入時には特徴やメリット・デメリットを理解した上で、自分の予算や好みに応じた物件を選ぶことがマストです。

また、築年数に応じて住宅ローン控除が受けられる物件とそうでない物件に分かれるため、この点もきちんとチェックしなければなりません。こちらでは、築浅物件と築古物件の特徴と、メリット・デメリットについて解説しています。今後中古物件を購入する予定がある人は、ぜひ参考にしてください。

購入するマンションの管理体制を確認する

マンションを購入する際は、どのような管理体制を採用しているかを確認した上で検討することが大切です。マンションを常に衛生的に保ってくれているか、トラブルや事件が発生した際に迅速な対応をしてくれるかなどは、管理体制に左右される部分が大きいからです。管理体制にはいくつかの種類があり、その体制によって対応が変わってきます。管理人が常駐しているマンションや、警備会社がオンラインでセキュリティ管理している物件も。

本記事では、マンションの管理形態の種類や、管理費の相場について解説するとともに、管理費がどのようなことに使われているのか、内訳についても詳しく解説しています。マンションの管理費に疑問を持っている人、管理費についてより深く理解したい人は、ぜひ参考にしてください。

不動産の間取りを検討するとよい

不動産物件を購入する際には、必ず間取りをチェックすると思います。実際に内見をする前にまず間取り図を見て、よさそうだなと思ったら実際に内見に足を運ぶ人がほとんどです。居住する人数によって適した間取りがあるので、間取り図を見る際には、その物件に居住する人数やライフスタイルをリストアップしたうえで、間取りが見合っているかを確認することが大切です。

また、間取り図は必ずしも実際の間取りに忠実だとは限らないので、間取り図を見るうえで覚えて起きたいチェックポイントがあります。こちらでは、DKやLDKなど、間取り図を見るうえで知っておきたい間取りの種類を解説するとともに、間取り図を見る上で覚えておきたいポイントについてご紹介しています。

不動産の耐震性をチェックする

不動産物件を購入する際に、耐震について確認することは非常に重要です。新耐震基準に対応しているかどうかで、住宅ローン控除が受けられるかどうかが変わってきますし、今後起こるといわれている大地震でも家屋の倒壊が防げるかどうかは、命にも関わります。日頃建物の耐震基準や耐震構造について意識することはあまりないと思われますが、物件を購入するうえで耐震性を把握しておくことで、より安心して暮らせる物件を購入できます。

こちらでは、不動産を購入するうえで知っておきたい耐震基準や、建物を建築する際に導入されている耐震構造などについて詳しく解説しています。不動産物件の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

戸建て住宅の種類

戸建て住宅には、建売住宅と売建住宅、注文住宅の3つがあります。よく似た言葉もあるので混同しがちですが明確に異なるものなので、戸建て住宅を検討しているならば違いをよく理解しておく必要があります。

なるべく費用を安く抑えて戸建てを購入したいのであれば、土地や間取り、設備などがある程度決まっている建売住宅や売建住宅が向いています。逆に費用がかかっても設計や性能を自由に決めたいのであれば、土地選びから設計まで自分の意見が反映できる注文住宅がおすすめです。大切なのは、予算や希望に応じた戸建て住宅を選択するということです。

こちらでは、戸建て住宅の種類ごとの特徴とそのメリットやデメリットについて解説しています。

テラスハウスと戸建て・マンションの違い

住宅の購入を検討する際に、選択肢の一つとなるのがテラスハウスです。テラスハウスとは、戸建て住宅の一種で長屋形式の住宅です。基本的に二階建てで隣家と壁を共有する形の住宅です。近年では、見た目がおしゃれなテラスハウスが見られます。

テラスハウスと戸建て住宅との違いは、購入費用や維持管理費が比較的安く抑えられる点です。ただし、戸建てといっても集合住宅に近い生活形態のため、騒音などプライバシーへの配慮が必要です。また、テラスハウスとマンションとの違いは、共有スペースの有無にあります。

テラスハウスの購入を検討するならば、その特徴をよく理解しておく必要があります。 こちらでは、テラスハウスの特徴と戸建てやマンションとの違いやメリット、デメリットなどについて解説しています。

賃貸物件を購入できる?

住んでいる賃貸物件が気に入れば、所有者から購入することができます。所有者から購入するためには、購入の意思があることを所有者に伝えることから始めます。所有者の合意が得られれば、実際に売買契約の話になります。ただし、賃貸専用物件では購入が難しい場合もあるので注意が必要です。

賃貸物件を購入する際には、価格や敷金、先払い家賃の処理などのトラブルが起こることも考えられます。特に価格は、所有者と買主との間で決まるため、相場と離れたものになる可能性があります。また、売買契約や書類の作成などは素人には難しいこともあります。

こうしたトラブル回避のためには、第三者に頼ることも重要です。こちらでは、賃貸物件を購入する際の流れや注意点について解説しています。

購入する不動産の住宅性能評価書

不動産を購入する際に検討しておきたいのが「住宅性能評価書」の取得です。不動産の性能は目に見えにくいものですが、第三者機関が基準に沿った評価をすることで住宅の性能を等級や数値で明確に表します。その結果を記載したのが住宅性能評価書です。

住宅性能評価書の交付には、施主や建築会社などが申請を行います。そして、設計時と建築時、完成時に評価が行われ、設計書通りに性能が反映されているかのチェックをします。

住宅性能評価書が交付されると、住宅の性能が証明されるだけでなく、住宅ローンなどの費用面や建築後にトラブルがあった場合の対応などについて、さまざまなメリットがあります。

こちらでは、住宅を購入する際に知っておきたい住宅性能評価書の基本的な知識について解説しています。

不動産売買契約書のチェックポイント

不動産を売買する際に必ず交わすことになるのが、契約者です。契約書は、取り決めた内容などが記載されているものであり、口約束などで行うとトラブルになってしまうようなことが文章でまとめられています。

不動産売買契約書を受け取ったら、ローン解除特約がついているか、土地面積の実測結果が登記記録と異なった場合の対応がどのように規定されているか確認しましょう。ほかにも、瑕疵担保責任に関することや期限に関すること、細かい部分まで確認しておかなければならないポイントがたくさんあります。

不動産売買契約書に問題がなければ署名、押印して成立することになるので、細部までしっかり読み込み、気になることがあれば押印前に確認が必要です。

不動産購入にかかる税金

不動産を購入する際、不動産の代金だけではなく、税金に関することまでよく確認しておきましょう。不動産を購入するにあたりかかる税金には、さまざまな種類があります。

まず、不動産の購入や取得に際して発生する不動産取得税です。他にも、各種契約書を交わす際にかかる税金である印紙税も支払わなければなりません。 不動産の購入、建物の建築を登記することになるので、登録免許税もかかります。それから、消費税です。普段の生活の中で支払うことが多い消費税ですが、不動産の購入を行う際にも消費税がかかります。

不動産の費用ばかりを考えてしまい、その他税金が頭から抜け落ちてしまうと予定していた以上の大きな出費になってしまうので、注意が必要です。

不動産の仲介手数料

不動産を売買する際は、個人で売買するのではなく、仲介業者を挟むのが一般的です。ただ、仲介業者に間に入ってもらう場合、仲介手数料を支払わなければなりません。

仲介手数料は、不動産会社に対して支払う成功報酬のことであり、金額は売買する不動産の額によって変わることになります。

下限については不動産会社が自由に設定できるので、言ってしまえば0円でも問題はありません。ですが、上限となる金額については法律で定められており、不動産会社がその金額を超えて請求した場合、違法となります。具体的にどの程度の仲介手数料になりそうかについては、事前に確認しておいた方が良いでしょう。高額になりやすいので、正しく把握しておく必要があります。

不動産売買契約のクーリングオフ

不動産の売買を決めて契約したものの、何らかの理由によって取り消しを検討しているようなケースもあるでしょう。契約をなかったことにしたいと考えた際、活用したいのがクーリングオフです。

クーリングオフは、不動産売買契約においても対象となります。ただし、売主が宅地建物取引業者であることや、事務所等以外の場所で購入の申し込み・契約を凍結した、告知から8日間を経過していない、代金の支払いや引き渡しがされていないなど、いくつか条件が定められています。

これらの条件を満たしている場合は、期間内に内容証明郵便でクーリングオフを申し出ましょう。期限はクーリングオフの告知がされた日から数えて8日間なので、注意する必要があります。

住宅購入に対する補助金

住宅を購入する際には、補助金を活用してみるのがおすすめです。補助金は返済する義務はないものなので、利用できるものについては積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

住宅購入に対する補助金として、例えば中古住宅では、すまい給付金や自治体が用意している補助金を利用可能です。また、新築の建売住宅を購入する場合も、すまい給付金、自治体の補助金に加え、地域型住宅グリーン化事業、こどもみらい住宅支援事業、ZEH補助金などが選択肢に挙がります。

自分の場合はどの補助金を申請できるのかについては、事前に条件を満たしているか確認してみるのがおすすめです。補助金を申請する際は、条件や申請期限、後払いとなる点などについて注意しておきましょう。

住宅購入に対する減税・控除

住宅を購入した場合、減税、控除といったものの対象になります。減税とは税金が減ること、控除とは差し引くことを意味しています。

どちらも税金の負担を抑えるのに役立つ方法です。住宅購入に関する減税・控除としては、住宅ローン控除が挙げられます。住宅ローン減税制度のことであり、毎年の住宅ローン残高のうち、1%にあたる金額が13年間にわたって控除されることになります。

それから、贈与税非課税措置もあります。新築住宅の購入や住宅の増改築を行う際に直系の尊属から資金を受け取った場合、一定額まで贈与税が非課税になる制度です。

これらの減税、控除などをうまく活用し、住宅取得に関する費用をできる限り抑えてみてはいかがでしょうか。

住宅購入のタイミング

住宅を購入するタイミングをいつにしようか悩んでいるのであれば、一般的なタイミングから確認しておくのがおすすめです。

多くの方が住宅購入を決断するタイミングとして、結婚をしてパートナーと新しい生活をスタートさせたときや、出産して家族が増えたときなどが挙げられます。他にも、子どもが進学して学校の近くに引っ越したいと考えた時や、子どもが独立して夫婦2人での生活になった時などが代表的です。

住宅ローンの金利の推移などを参考に、自分にとっての購入タイミングを見極めることが重要です。

住宅購入前の相談

住宅は大きな買い物ということもあり、安心、納得して購入を検討する必要があります。購入にあたり何かわからないことなどがあれば、事前に専門家に相談して問題を解決しておきましょう。

住宅購入に関する相談先として代表的なのは、不動産会社、ファイナンシャルプランナー、住宅購入相談サービスなどです。基本的に不動産会社や住宅購入相談サービスは無料で利用できるケースが多いのですが、ファイナンシャルプランナーは有料となります。

まずは無料で相談できることが多い住宅の専門家である不動産会社から相談してみてはいかがでしょうか。相談に行く前に予算や立地についてよく検討しておくのがおすすめです。質問に行く際はメモの準備をし、疑問を解消してきましょう。

住宅選びの優先順位

住宅購入時の物件探しでは、どのような条件を優先しますか?価格や間取り、立地など、住宅選びにはさまざまな要素が絡み合います。けれど、理想にぴったりの物件を探すのはなかなか難しいもの。であれば、住宅選びの要件に優先順位をつけることで、迷いが少し緩和されるのではないでしょうか。

住宅選びの優先順位は、その人によって変わってきます。ある人が価格を優先したとしても、自分は間取りを優先したいと思うかもしれません。逆に、妥協したことで結果満足のいく物件に出会えることも。本記事では、住宅えらびの優先順位について詳しく解説しています。これだと納得して物件を購入するために、ぜひ本記事の内容を参考に物件探しに励みましょう。

長期優良住宅の認定条件

長期優良住宅の認定条件は9項目設定されています。「劣化対策」「維持管理・更新の容易性」「維持保全計画」「耐震性」「省エネルギー対策」「居住環境への配慮」「住戸面積」「可変性」「高齢者等対策」の9項目です。これらの認定条件を満たすことで、税金面でいろいろな優遇措置を受けることができます。

これらの認定条件を満たす住宅を建築するにはそれなりの費用がかかりますが、税金面の優遇措置が受けられることはもちろん、実際に生活するうえで快適な住宅を建てることができるので、意欲的に建築する人が少なくありません。本記事ではこれから住宅の建築を検討している人に向けて、長期優良住宅の認定条件について詳しく解説しています。

住宅購入後の確定申告

住宅を購入後に税金の減税や控除を受ける場合は、確定申告を行わなければなりません。確定申告は会社員の場合行わない人が多いので、住宅購入後に初めて確定申告をするという人も多いでしょう。確定申告を行うには、必要な書類を準備して、管轄の税務署に確定申告を持参または郵送します。確定申告はインターネットからの申請も可能です。必要な書類はたくさんありますので、必ずきちんと確認したうえで添付漏れがないようにしましょう。

必要な書類は、受ける減税措置や控除内容によって変わってきますので注意が必要です。本記事では、確定申告に必要な書類や、確定申告の流れ、住宅購入後に確定申告を行ううえでの注意点などについてまとめています。

住宅購入の頭金

住宅を購入時の頭金をどのくらい用意すればいいか悩む人は多いと思います。頭金は多ければ多いほどよいというイメージがあるかもしれませんが、実は多ければよいというわけでもないようです。また、実際に頭金を用意して物件を購入した人たちは、物件のタイプによって用意した頭金の金額にかなり開きがある様子。

例えば新築の注文住宅の場合はまとまった頭金を用意した人が多く、中古マンションや中古戸建の場合は注文住宅よりも頭金が少ない、という具合です。逆に、頭金を用意しないで住宅を購入している人もいますが、この際には気をつけたい注意点があります。

本記事では、これから住宅購入を検討している人に向けて、住宅購入時の頭金について詳しく解説しています。

住宅購入を決断できない原因と対処方法

住宅購入は大きな買い物のため、購入を決断できないケースがみられます。住宅の購入においては資金計画やメンテナンスの問題なども重要な要素ですが、事前にしっかりと資金のめどを立てたうえで、長期的な暮らしに向けてプランニングをすることが大切です。

購入にかかる費用のほかに、希望条件もしっかりと整理することも一歩前に踏み出すためのポイントです。希望条件が増えるほど悩んでしまい、住まいの購入に時間や費用がかかってしまうため、優先順位をつけたうえで希望条件を整理しましょう。本記事では、住宅購入を決断できない理由とその対処方法について解説しています。

住宅の省エネ性能

住宅の省エネ性能とは、住まいにおける消費エネルギーの省エネ能力を示したものです。省エネ性能をもつ住宅の冷暖房などのエネルギー消費量を計算し、標準的な設備の住まいのエネルギー消費量と比較して、どの程度省力ができているかを調べます。

中古住宅でも省エネ性能を計算することが可能ですが、築年数に応じて適用されている省エネ基準が異なることに注意が必要です。省エネ基準は1980年から現在まで数回変更されており、築年数と工法、断熱材の有無や省エネに関わる水道・光熱設備をチェックしましょう。本記事では、住宅の省エネ性能についての概要や中古住宅の省エネ性能を確認するためのポイントなどについて詳しく解説しています。

住宅購入前の内覧の必要性と注意点

建物の雰囲気や実際の広さをチェックできる「内覧」は、住宅購入前に忘れずに行っておきたいポイントのひとつです。内覧では住まいのデザインや間取り、空間の位置関係が確認できるほか、水周りやキッチンに使用されている設備のメリット、メーカーごとに異なる壁紙などの素材の特徴を比較することもできます。

内覧は直接現地でスタッフとやり取りが行えるため、対応力や顧客への姿勢を確認する機会でもあります。購入したい住宅が見つかったときは、内装や外装、室内の設備機器のほかに省エネ性能や住みやすさへの工夫なども確認するようにしましょう。

本記事では、住宅購入前の内覧の必要性と注意点について紹介しています。

住宅の断熱性能等級

住宅の断熱性能等級とは、第三者機関が公正な立場から評価を行った断熱性能を、7段階のランクに沿って表すものです。等級1が低い等級で、等級7が高いランクとなっています。

第三者機関が性能を記載する「住宅性能評価書」には、断熱性能以外にもバリアフリー性能や耐震性能など複数の項目が盛り込まれています。それらを総合して住まいの品質や価格が決められ、等級が高くなるほど性能も上がり、住みやすさに繋がります。

断熱性能等級は国土交通省が品確法と呼ばれる法律によって定めており、高い性能を示す上位の等級として等級6,7が新設されました。

本記事では、住宅の断熱性能等級についての概要や確認方法について紹介しています。

住宅を購入する年齢

住宅を購入する際に年齢を考える方は少なくありませんが、国土交通省の調査によると、分譲住宅購入者の平均年齢は38.4歳※とのことです。

しかしその他の年齢で住宅を購入する方もいます。20代・30代・40代とそれぞれの年代で住宅を購入すると、それぞれについてメリット・デメリットがあるのも事実です。たとえば20代ではローンの返済年数にゆとりがありますが給与が低い傾向で、30代では資金にゆとりがある方が増えると考えられます。40代では返済年数はさらに短くなります。

本記事では住宅を購入する年齢についての解説と、年代ごとの住宅購入におけるメリット・デメリットを紹介しています。

中古住宅をリフォームするメリット・デメリット

中古住宅を購入してリフォームすれば、新築住宅を購入するのに比べてコストが抑えられる可能性が高まります。またリフォームをすれば自分好みの住宅にすることもでき、設備も好みのものを導入できるようになります。

しかし中古住宅のリフォームにはデメリットもあることを忘れないでください。構造部分まで劣化している場合は、大規模な修繕リフォームが必要となり、予想以上にコストがかかったり、完成までの期間が延びたりする恐れもあります。

本記事では中古住宅をリフォームすることのメリットとデメリットについて解説していきます。

戸建て住宅の修繕費

戸建て住宅を購入したら、修繕費を準備しておくことが大切です。外壁や屋根、トイレや給湯器などの水回りの設備類は、使っていくうちに少しずつ劣化していきます。劣化して不具合や故障などが見られるようになったら、修繕したり、交換したりしなければならないためです。

必要となる修繕費の目安は場所により異なります。外壁塗装であれば数十万もの高額な費用が必要となりますが、トイレの詰まり解消くらいであれば1万円程度で解決できることも少なくありません。しかし費用の準備が必要であることに変わりはありません。

本記事では戸建住宅で必要となる修繕費について、設備・箇所ごとに金額の目安も含めて解説します。

分譲マンションの管理費と修繕積立金

分譲マンションに住むために支払わなければならないのが、管理費と修繕積立金です。管理費は廊下や設備などの共用部分の維持・管理や管理人の人件費のために使われる費用で、修繕積立金は物件自体を維持するためにマンションの大規模修繕に使われます。

分譲マンションの購入を検討されている方であれば、管理費や修繕積立金の金額を気にされていることもあるのではないでしょうか。毎月支払うものなので、負担の大きさが気になるはずです。

本記事では分譲マンションでかかる管理費と修繕積立金について、平均金額と内訳について解説します。

新築住宅の瑕疵担保責任

新築住宅を購入すると、「瑕疵担保責任」がついてきます。瑕疵担保責任とは買い主が持つ損害賠償請求権のことで、購入した住宅に傷や欠陥が見つかった場合に効力を発揮するものです。

しかし瑕疵担保責任は民法・宅地建物取引業法・品確法の3つの法律により、それぞれ保証される期間が異なります。民法では最長10年間とされますが、品確法では20年に及ぶこともあり、法律により保証される内容も変わるので注意が必要です。

本記事では新築住宅購入における瑕疵担保責任の概要や保証範囲・保証期間、瑕疵担保責任保険と呼ばれる制度について知っておきたい基礎知識を解説します。

新築住宅のアフターサービス

新築住宅には瑕疵担保責任のほかに、メーカーによるアフターサービスがつくことも珍しくありません。アフターサービスは基礎部分と内挿部分の両方を保証対象とすることが多いですが、メーカーによりサービス内容が違うため、新築住宅購入の際には、後のことを考えてアフターサービスが充実しているメーカーを選ぶことが大切です。

アフターサービスが手厚いメーカーであれば、新築住宅の設備関連でも10年ほどの保証をつけてもらえることもあります。本記事では新築住宅におけるメーカーごとのアフターサービスについて解説するので、住宅購入の前にぜひチェックしておいてください。

モデルハウスを購入するメリット・デメリット

モデルハウスはすでに建てられた住宅を見学した上で購入を検討できるため、すぐに住み始めることができたり、イメージ通りの家を購入できたりすることがメリットと言えます。グレードの高い設備が備えられているのに、価格が安い傾向であることも大きなメリットです。

しかしモデルハウス購入にはメリットばかりではなくデメリットもあります。モデルハウスは中古物件となることが多く、展示期間中に内装・設備などに傷がつくリスクも否定できません。

モデルハウスの購入を検討されている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

不動産取引のトラブル

不動産取引では契約書やローン、手数料などについてトラブルが起こりがちです。

たとえばローン特約がついていない契約でローンの診査に通らず、手付金を放棄しなければならないという事も起こりえます。また契約にない手数料を請求されたり、新築住宅購入にもかかわらず仲介手数料を請求されたりなどのトラブル例もあります。

不動産取引は金額が大きいので、ひとつのトラブルで大きな損害をこうむる可能性もあります。住宅の購入を検討されている方に向けて、本記事では不動産取引における3つのトラブルについてご紹介しますので、契約前にぜひチェックしてください。

住宅用の土地探しと選び方

住宅用の土地を探す方法としては、不動産会社やハウスメーカーに依頼する方法のほか、インターネットを使った方法、自分自身で歩いて探す方法などがあります。実際にそこで暮らし始めたあとのことまで考えなければならないため、土地だけではなく、その他周辺環境なども含めて検討しなければなりません。

また、土地の選び方としては、道路との関係や日当たりのほか、水道管・ガス管の有無などについても確認しておくことが重要です。水道管・ガス管が引き込まれていない場合、追加費用を支払って、配管工事を行わなければなりません。
本記事では住宅用の土地探しに悩んでいる方のため、探し方のポイントや、何に注目して選べば良いのかなどについて解説します。

狭小住宅とは?メリット・デメリットをチェック

坪数にそれほどこだわらないのであれば、狭小住宅も選択肢に挙がります。狭小住宅とは、一般的な住宅と比べて狭い土地に建てられている住宅のことで、坪数の目安は20坪以下です。周囲に建物や住宅が建ち並んでいて十分なスペースが確保できないような都市部には、狭小住宅が多く建てられています。

狭小住宅の代表的なメリットは、コストを抑えられることや、デザイン性が高いものが多い、掃除しやすいなどです。ただ、必ずしもコストを抑えられるわけではないことや、近隣住宅との距離が近くて生活音が聞こえることがあるなどのデメリットがあります。本記事では狭小住宅の購入に興味がある方のため、おさえておきたいメリットとデメリットの詳細について解説します。

欠陥住宅の見分け方

欠陥住宅とは、家の安全性や快適性において、何らかの問題がある住宅のことです。施工ミスや施工不良などによって発生するケースが多いため、安全性が低くなってしまう恐れがあります。住宅を購入するにあたり、できるだけ欠陥住宅は避けたいところではありますが、柱や梁、壁、床などのほか、基礎や土台など見えない部分に問題が発生しているケースも多くいです。そのため、見極めるのは非常に難しいといえるでしょう。

欠陥住宅でよくあるトラブルの事例としては、住宅が少しずつ傾いてしまった、外壁や基礎などにひび割れが生じた、雨漏りが発生したなどが挙げられます。そこで、本記事では欠陥住宅を見極める方法を知りたい方のため、見分け方のポイントについて紹介します。

住宅デザインのトレンド

建築の分野では続々と新しい工法やデザインなどが登場しており、トレンドも移り変わっています。購入する住宅についてまだ具体的なイメージが湧いていないのであれば、住宅デザインのトレンドを確認してみてはいかがでしょうか。トレンドの住宅は、多くの方から人気があったり、評価されている住宅ともいえます。

近年人気なのは、自然素材を使った住宅です。ナチュラルなものを好む方が増えているようで、デザインでも自然と調和するものがトレンドの傾向があります。また、性能にこだわり、省エネ性能が高い家やIoT住宅などもトレンドとなっています。本記事では近年多くの方から選ばれているのはどのような住宅なのかを知りたい方のため、トレンド情報を紹介します。

建売住宅の防災性能

地震や台風など、大規模な災害はいつ発生するかわかりません。そこで、建売住宅を購入するにあたり、防災性能がどの程度あるかについて確認しておきましょう。防災性能を確認するうえでチェックしたいポイントとして、耐震ダンパーや屋根、窓ガラス、気密性、収納、発電・蓄電、雨水タンクなどが挙げられます。

なかなか多くの防災性能を備えた建売住宅を見つけるのが難しいケースもありますが、そういった場合は購入してからの防災リフォームについても検討してみてはいかがでしょうか。あとからリフォームで追加できるような防災対策も多々あります。安心して住める建売住宅の購入を検討したいと考えている方のため、防災についておさえておきたいポイントを解説します。

住宅購入前の自然災害リスクの調査

いつ発生するかわからない自然災害のことを考えると、できるだけ災害リスクが少ない住宅を購入することが重要です。新たに住宅購入を検討しているのであれば、購入予定の建物はどの程度自然災害リスクがあるのか確認しておきましょう。例えば、ハザードマップを確認することによってその土地の災害リスクが判断できます。

また、洪水や津波などの災害リスクを抑えるためには海抜の確認も必要です。 ただ、土地の条件が良ければ、それだけで災害リスクがなくなるとは言い切れません。建物自体の強さも重要になるので、住宅の耐震基準の確認も求められます。自然災害リスクを調査する方法と、住宅の自然災害対策としてはどのような方法が効果的なのかについて解説します。

ZEHとは?ZEH建売住宅のメリット・デメリット

エネルギー効率の良い建売住宅を購入したいと考えている方に選ばれているのが、ZEH住宅です。ZEHとは、省エネ性能の高い家であり、一年間で消費されるエネルギー量がゼロ以下になる家のことをいいます。断熱性能に優れていることに加え、太陽光発電などの設備を導入することによりエネルギーを創り出しながらエネルギー消費量を抑えられるのが魅力です。

注文住宅でZEH化しようと考えるとZEHビルダー・プランナー探しから始めなければなりませんが、建売であれば初めからZEH基準を満たした住宅を選べます。ZEHの建売住宅を購入したいと考えている方のために、ZEH住宅の特徴や、ZEHの建売住宅を購入するメリット・デメリット、選び方のポイントなどを解説します。

不動産取引の資金計画

不動産取引を行う際は、事前に十分な資金計画を立てておくことが欠かせません。将来的にローンの返済によって家計が圧迫されてしまったといった問題を抱える方もいますが、これは資金計画が不十分だったことが大きな原因です。ローンの返済は何十年も続いていくものなので、将来的に生活が変わったり、収入が減ったりする可能性についても考えておく必要があります。

月々の返済額はもちろんのこと、選択する金利タイプ、返済期間、頭金の額などについても十分考慮しておきましょう。これから不動産取引をする予定がある方のため、資金計画のポイントについて解説します。金利タイプごとの特徴やローンの返済を考えるにあたり頭に入れておきたいことなど参考にしてください。

編集チームのひとこと

理想の我が家を見つけるなら、杉並区に密着した不動産会社を選ぼう

近年、東京都では地価が上昇しており、「なかなか理想の物件に出会えない」と感じてる方も多いのではないでしょうか?妥協せず、希望通りの物件を見つけるなら、杉並区に精通した地域密着型の不動産会社を選ぶことが大切。地域に精通している不動産会社なら、昔からのネットワークで地域の物件を多く持っている可能性が高いからです。

このサイトでは、杉並区エリアで長年経営している地域密着型の不動産会社を紹介しています。杉並区で不動産会社をお探しの方はぜひチェックしてください。

【家を買うなら】杉並区に密着した
不動産会社2選

【家を借りるなら】杉並区に密着した
不動産会社3選


杉並区で“家を買う”なら
地域密着型の不動産会社2選
「すぎらぶ」編集チームの調査によると、杉並区には150社以上の不動産会社があります(※)。
ここでは、杉並区で30年以上物件を紹介している41社を厳選。なかでも、取り扱い物件数が多い不動産会社を「土地・戸建て購入向け」と「マンション購入向け」に2社ご紹介します。

※杉並区で許可番号を得ている不動産仲介会社数(2023年6月調査時点)

土地・戸建て物件数No.1
大和・アクタス
大和アクタス

引用元:大和アクタス公式HP
(https://www.d-actus.com/)

杉並区内の公開物件数(※)
  • 土地:28
  • 新築戸建て:62
  • 中古戸建て:10件
  • 中古マンション:1件

※その他、多数の未公開物件の取扱あり

特徴

公式HPで
未公開物件を含む
2,000件以上の物件から
検索できる(※)

マンション物件数No.1
大幸住宅
大幸住宅

引用元:大幸住宅公式HP
(https://www.daiko-rec.jp/)

杉並区内の公開物件数(※)
  • 土地:11件
  • 新築戸建て:3件
  • 中古戸建て:- 件
  • 中古マンション:15

※公式HPに未公開物件に関する記載なし

特徴

駅チカ1,000万円代~
マンションも
多数取り扱う(※)

※2023年6月調査時点の物件数

【選定条件】
杉並区に「本店」を持つ不動産仲介業者のうち、国土交通省から免許番号を発行されている業者150社をピックアップ。さらに創業30年以上の41社を「地域密着型」の会社として厳選。なかでも、公式HPに事例を掲載している会社のうち、「土地・戸建て」部門で物件数が最も多い一社(大和・アクタス)と「マンション」部門で物件数が最も多い一社(大幸住宅)を紹介しています(2023年6月調査時点)。

※参照元:国土交通省 建設業者・宅建業者等企業情報検索システム(https://etsuran2.mlit.go.jp/TAKKEN/takkenKensaku.do

杉並区で“家を借りる”なら
地域密着型の不動産会社3選
杉並区にある250社以上の不動産会社のうち、賃貸物件探しでおすすめの不動産会社を紹介。「一人暮らし向け」「ファミリー向け」「リノベ物件」の3つのニーズごとに、最も杉並区エリアの取り扱い物件が多い3社を厳選して紹介します。
一人暮らし向け物件数No.1
エイブル
エイブル

引用元:エイブル公式HP(https://www.able.co.jp/)

杉並区の
一人暮らし向け物件数(※)

1,241件

特徴

1R~1LDKの物件を
サクッとお家で
内見
できる

ファミリー向け物件数No.1
ハウスコム
ハウスコム

引用元:ハウスコム公式HP(https://www.housecom.jp/)

杉並区の
ファミリー向け物件数(※)

128件

特徴

2LDK~の家族が
安心して暮らせる
住まいを提供

リノベ物件数No.1
リノベ百貨店
リノベ百貨店

引用元:リノベ百貨店公式HP(https://www.renov-depart.jp/)

杉並区の
リノベ物件数(※)

757件

特徴

空き家を活用して
新築のようなの暮らし
叶える

※2023年6月調査時点

【選定条件】
・一人暮らし向け物件…「杉並区 賃貸 一人暮らし」でGoogle検索し、企業公式HPに物件が掲載されている会社のうち、1R~1LDKの物件数が最も多かった1社をピックアップ。
・ファミリー向け物件…「杉並区 賃貸 ファミリー」でGoogle検索し、企業公式HPに物件が掲載されている会社のうち、2LDK~の物件数が最も多かった1社をピックアップ。
・リノベ物件…「杉並区 賃貸 リノベ」でGoogle検索し、企業公式HPに物件が掲載されている会社のうち、リノベーション物件数が最も多かった1社をピックアップ。
(2023年6月2日調査時点)