杉並区の不動産会社選び応援メディア│すぎらぶ » 不動産の選び方で押さえておきたいポイント » 不動産物件購入のための住宅ローン

不動産物件購入のための住宅ローン

不動産物件を購入する際は、住宅ローンを組んで購入するケースが多いです。本記事では、住宅ローンの種類や選び方、住宅ローンを組む際の注意点について解説しています。

目次

 住宅ローンの種類 

住宅ローンの商品は、大きく3種類に分けられます。以下に、それぞれの特徴について解説します。

 完全固定金利型

完全固定金利型は、住宅ローンを利用する期間の金利がずっと変わらないタイプの商品です。

一般的に、変動金利型よりも固定金利型のほうが金利は高くなることが多いようですが、変動金利型は将来的に固定金利型よりも金利が高くなる可能性がありますので、安定した金利を求める人は完全固定金利型を選んでいます。

 変動金利型

変動金利型は、半年ごとに金利の見直しを行い、その金額によって返済金額の見直しを行うタイプの商品です。返済金額の見直しは、5年毎に行われます。

変動金利型だと金利が莫大に上がってしまうのでは…と心配する人もいますが、変動金利型でも返済額の1.25倍までしか利息をつけてはいけないという決まりがありますので、無制限に高くなることはありません。

ただし、返済開始時よりも金利が高くなる可能性があるので、返済金額自体に変動が入ります。

固定期間選択型

固定期間選択型は、一定期間は固定金利で返済をし、その後金利の変動が入るタイプの商品です。3年または5年など、一定の期間は金利が変動しないので、その間に資金繰りをするなどの余裕をもつことができます。

ただし、固定期間選択型は変動金利型のように金利の上限がないため、返済後半に一気に金利が高くなってしまう可能性があるため注意が必要です。

住宅ローンの選び方

住宅ローンの種類はいろいろなものがあることがわかりましたが、実際に住宅ローンを選ぶ際にはどのように選ぶのが適切なのでしょうか。

将来的に出費が多くなる人は固定期間選択型

教育費など、将来出費が多くなる可能性がある場合は、固定期間選択型で出費が落ち着くまで金利を一定にしておくのがおすすめです。家計にゆとりが出れば、金利が高くなっても対応できます。

安定した収入がある人は変動金利型

共働きで子どもがいないなど、収入が安定している人は変動金利型がおすすめです。最初は金利が低いのでお得ですし、後から金利が上がっても、十分対応できます。

 あまりゆとりがない人は固定期間選択型

家計にゆとりがない場合は、固定金利型で長期的なプランを立てて返済するのが望ましいでしょう。あとから返済金額が上がって返済が難しくなるということを防げます。

 住宅ローンを組むときの注意点

住宅ローンを組む際に覚えておきたい注意点を、以下似解説します。

不動産購入の諸経費を念頭に入れる

不動産購入時には、仲介手数料や書類作成における行政書士への依頼料、不動産登記の費用といった「諸経費」がかかります。

諸経費は現金で支払い、物件の費用だけを住宅ローンで支払うという人もいれば、諸経費をすべて住宅ローンにまとめて支払うなど、その選択肢はさまざまです。

ただし、物件購入は物件の金額と消費税だけではないということは覚えておきましょう。

長期で返済プランを練る

住宅ローンは30年以上の年月支払い続けることになります。「将来的には収入が上がるだろう」と思っていても、予想通りにならないこともあるでしょう。

もしものときのことを考えて、ゆとりのある返済プランを検討することが望ましいです。

編集チームの
ひとこと

理想の我が家を見つけるなら、
杉並区に密着した
不動産会社を選ぼう

近年、東京都では地価が上昇しており、「なかなか理想の物件に出会えない」と感じてる方も多いのではないでしょうか?

妥協せず、希望通りの物件を見つけるなら、杉並区に精通した地域密着型の不動産会社を選ぶことが大切。地域に精通している不動産会社であれば、昔からのネットワークで地域の物件を多く持っている可能性が高いからです。

このサイトでは、杉並区エリアで長年経営している地域密着型の不動産会社を紹介しています。杉並区で不動産会社をお探しの方はぜひチェックしてください。

【家を買うなら】
杉並区でおすすめの不動産会社2選

【家を借りるなら】
杉並区でおすすめの不動産会社3選


杉並区で“家を買う”なら
地域密着型の不動産会社2選
「すぎらぶ」編集チームの調査によると、杉並区には150社以上の不動産会社があります(※)。
ここでは、杉並区で30年以上物件を紹介している41社を厳選。なかでも、取り扱い物件数が多い不動産会社を「土地・戸建て購入向け」と「マンション購入向け」に2社ご紹介します。

※杉並区で許可番号を得ている不動産仲介会社数(2023年6月調査時点)

土地・戸建て物件数No.1
大和・アクタス
大和アクタス

引用元:大和アクタス公式HP
(https://www.d-actus.com/)

杉並区内の公開物件数(※)
  • 土地:28
  • 新築戸建て:62
  • 中古戸建て:10件
  • 中古マンション:1件

※その他、多数の未公開物件の取扱あり

特徴

公式HPで
未公開物件を含む
2,000件以上の物件から
検索できる(※)

マンション物件数No.1
大幸住宅
大幸住宅

引用元:大幸住宅公式HP
(https://www.daiko-rec.jp/)

杉並区内の公開物件数(※)
  • 土地:11件
  • 新築戸建て:3件
  • 中古戸建て:- 件
  • 中古マンション:15

※公式HPに未公開物件に関する記載なし

特徴

駅チカ1,000万円代~
マンションも
多数取り扱う(※)

※2023年6月調査時点の物件数

【選定条件】
杉並区に「本店」を持つ不動産仲介業者のうち、国土交通省から免許番号を発行されている業者150社をピックアップ。さらに創業30年以上の41社を「地域密着型」の会社として厳選。なかでも、公式HPに事例を掲載している会社のうち、「土地・戸建て」部門で物件数が最も多い一社(大和・アクタス)と「マンション」部門で物件数が最も多い一社(大幸住宅)を紹介しています(2023年6月調査時点)。

※参照元:国土交通省 建設業者・宅建業者等企業情報検索システム(https://etsuran2.mlit.go.jp/TAKKEN/takkenKensaku.do

杉並区で“家を借りる”なら
地域密着型の不動産会社3選
杉並区にある250社以上の不動産会社のうち、賃貸物件探しでおすすめの不動産会社を紹介。「一人暮らし向け」「ファミリー向け」「リノベ物件」の3つのニーズごとに、最も杉並区エリアの取り扱い物件が多い3社を厳選して紹介します。
一人暮らし向け物件数No.1
エイブル
エイブル

引用元:エイブル公式HP(https://www.able.co.jp/)

杉並区の
一人暮らし向け物件数(※)

1,241件

特徴

1R~1LDKの物件を
サクッとお家で
内見
できる

ファミリー向け物件数No.1
ハウスコム
ハウスコム

引用元:ハウスコム公式HP(https://www.housecom.jp/)

杉並区の
ファミリー向け物件数(※)

128件

特徴

2LDK~の家族が
安心して暮らせる
住まいを提供

リノベ物件数No.1
リノベ百貨店
リノベ百貨店

引用元:リノベ百貨店公式HP(https://www.renov-depart.jp/)

杉並区の
リノベ物件数(※)

757件

特徴

空き家を活用して
新築のようなの暮らし
叶える

※2023年6月調査時点

【選定条件】
・一人暮らし向け物件…「杉並区 賃貸 一人暮らし」でGoogle検索し、企業公式HPに物件が掲載されている会社のうち、1R~1LDKの物件数が最も多かった1社をピックアップ。
・ファミリー向け物件…「杉並区 賃貸 ファミリー」でGoogle検索し、企業公式HPに物件が掲載されている会社のうち、2LDK~の物件数が最も多かった1社をピックアップ。
・リノベ物件…「杉並区 賃貸 リノベ」でGoogle検索し、企業公式HPに物件が掲載されている会社のうち、リノベーション物件数が最も多かった1社をピックアップ。
(2023年6月2日調査時点)