杉並区の不動産会社選び応援メディア│すぎらぶ » 不動産の選び方で押さえておきたいポイント » 住宅購入に対する減税・控除

住宅購入に対する減税・控除

住宅を購入すると、減税や控除の対象となります。そもそも減税・控除とはどういったものなのか、住宅購入でどのような減税・控除が適用になるのかについて紹介します。住宅ローン控除の計算方法についても参考にしてみてください。

目次

減税や控除とは?

減税とは、その名の通り、税金が減ることを意味します。一定の条件を満たす場合、減税によって税金の負担が軽くなる仕組みです。

また、控除とは差し引くことを意味しており、課税対象額や税金が減ります。控除によって最低限の生活費を残しやすくなることから、最低生活費を保証することが目的です。

住宅購入に対する減税・控除はある?

住宅購入にあたり、利用できる減税や控除としては、住宅ローン控除、贈与税非課税措置などが挙げられます。それぞれについて解説します。

住宅ローン控除

住宅ローン控除は住宅ローン減税制度のことであり、毎年の住宅ローン残高の1%が、13年間にわたって所得税から控除されます。金額によっては所得税からは控除しきれないことがありますが、その部分については住民税からも一部控除される仕組みです。

住宅は金額が大きい買い物ということもあり費用負担が大きくなってしまいますが、住宅ローンを使用する方の金利負担を軽減する目的の制度となっています。

参考元:国土交通省(https://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/)

贈与税非課税措置

新築住宅を購入したり、住宅の増改築を行ったりするために直系の尊属である父母や祖父母などから資金を受け取った際、一定額までは贈与税が非課税になる制度が贈与税非課税措置です。住宅を購入する際の初期負担を軽減させることによって、居住水準の向上などを図る目的で作られました。

贈与税非課税限度額は、質の高い住宅については1,000万円、一般住宅は500万円です。

参考元:国土交通省(https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000018.html)

住宅ローン控除の計算方法

具体的に住宅ローン控除を利用する場合、いくら控除されるのでしょうか。住宅ローンは、最大4,000万円までの住宅ローン残高の1%を13年間の所得税から控除する仕組みです。

1~10年目は住宅ローン残高×1%×10年が控除され、11~13年目は「建物価格の2%÷3」または「上限を4000万円として住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%」の少ない方の額が控除されます。

具体的な例を紹介します。前提条件として、以下の通り定めます。

参考元:国土交通省(https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000018.html)

年収700万円の方が4,200万の住宅を購入するにあたり、住宅ローンで3,900万の借り入れを行ったとします。この場合、初年度の住宅ローン控除額は、おおよそ381,000円、控除期間合計の金額は4,186,600円です。

国土交通省のサイトで詳細のシミュレーションができるので、確認してみてはいかがでしょうか。

参考元:国土交通省(https://sumai-kyufu.jp/simulation/)

参考元:国土交通省(https://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/)

編集チームの
ひとこと

理想の我が家を見つけるなら、
杉並区に密着した
不動産会社を選ぼう

近年、東京都では地価が上昇しており、「なかなか理想の物件に出会えない」と感じてる方も多いのではないでしょうか?

妥協せず、希望通りの物件を見つけるなら、杉並区に精通した地域密着型の不動産会社を選ぶことが大切。地域に精通している不動産会社であれば、昔からのネットワークで地域の物件を多く持っている可能性が高いからです。

このサイトでは、杉並区エリアで長年経営している地域密着型の不動産会社を紹介しています。杉並区で不動産会社をお探しの方はぜひチェックしてください。

【家を買うなら】
杉並区でおすすめの不動産会社2選

【家を借りるなら】
杉並区でおすすめの不動産会社3選


杉並区で“家を買う”なら
地域密着型の不動産会社2選
「すぎらぶ」編集チームの調査によると、杉並区には150社以上の不動産会社があります(※)。
ここでは、杉並区で30年以上物件を紹介している41社を厳選。なかでも、取り扱い物件数が多い不動産会社を「土地・戸建て購入向け」と「マンション購入向け」に2社ご紹介します。

※杉並区で許可番号を得ている不動産仲介会社数(2023年6月調査時点)

土地・戸建て物件数No.1
大和・アクタス
大和アクタス

引用元:大和アクタス公式HP
(https://www.d-actus.com/)

杉並区内の公開物件数(※)
  • 土地:28
  • 新築戸建て:62
  • 中古戸建て:10件
  • 中古マンション:1件

※その他、多数の未公開物件の取扱あり

特徴

公式HPで
未公開物件を含む
2,000件以上の物件から
検索できる(※)

マンション物件数No.1
大幸住宅
大幸住宅

引用元:大幸住宅公式HP
(https://www.daiko-rec.jp/)

杉並区内の公開物件数(※)
  • 土地:11件
  • 新築戸建て:3件
  • 中古戸建て:- 件
  • 中古マンション:15

※公式HPに未公開物件に関する記載なし

特徴

駅チカ1,000万円代~
マンションも
多数取り扱う(※)

※2023年6月調査時点の物件数

【選定条件】
杉並区に「本店」を持つ不動産仲介業者のうち、国土交通省から免許番号を発行されている業者150社をピックアップ。さらに創業30年以上の41社を「地域密着型」の会社として厳選。なかでも、公式HPに事例を掲載している会社のうち、「土地・戸建て」部門で物件数が最も多い一社(大和・アクタス)と「マンション」部門で物件数が最も多い一社(大幸住宅)を紹介しています(2023年6月調査時点)。

※参照元:国土交通省 建設業者・宅建業者等企業情報検索システム(https://etsuran2.mlit.go.jp/TAKKEN/takkenKensaku.do

杉並区で“家を借りる”なら
地域密着型の不動産会社3選
杉並区にある250社以上の不動産会社のうち、賃貸物件探しでおすすめの不動産会社を紹介。「一人暮らし向け」「ファミリー向け」「リノベ物件」の3つのニーズごとに、最も杉並区エリアの取り扱い物件が多い3社を厳選して紹介します。
一人暮らし向け物件数No.1
エイブル
エイブル

引用元:エイブル公式HP(https://www.able.co.jp/)

杉並区の
一人暮らし向け物件数(※)

1,241件

特徴

1R~1LDKの物件を
サクッとお家で
内見
できる

ファミリー向け物件数No.1
ハウスコム
ハウスコム

引用元:ハウスコム公式HP(https://www.housecom.jp/)

杉並区の
ファミリー向け物件数(※)

128件

特徴

2LDK~の家族が
安心して暮らせる
住まいを提供

リノベ物件数No.1
リノベ百貨店
リノベ百貨店

引用元:リノベ百貨店公式HP(https://www.renov-depart.jp/)

杉並区の
リノベ物件数(※)

757件

特徴

空き家を活用して
新築のようなの暮らし
叶える

※2023年6月調査時点

【選定条件】
・一人暮らし向け物件…「杉並区 賃貸 一人暮らし」でGoogle検索し、企業公式HPに物件が掲載されている会社のうち、1R~1LDKの物件数が最も多かった1社をピックアップ。
・ファミリー向け物件…「杉並区 賃貸 ファミリー」でGoogle検索し、企業公式HPに物件が掲載されている会社のうち、2LDK~の物件数が最も多かった1社をピックアップ。
・リノベ物件…「杉並区 賃貸 リノベ」でGoogle検索し、企業公式HPに物件が掲載されている会社のうち、リノベーション物件数が最も多かった1社をピックアップ。
(2023年6月2日調査時点)